忘れられない人との思い出の場所 神戸塩屋

塩屋の街
Pocket

彼女との思い出の場所は、沢山ありすぎて困りますが、一番の思い出の場所は、洋館が立ち並ぶ、神戸市垂水区塩屋のとある坂道です。何故、この場所かと言うと、昭和53年8月19日に、この場所で彼女と初めてキスをした、思い出の場所です。

今年も行ってしまった忘れられない人との思い出の場所

私は、昨年(平成27年)の秋まで塩屋で暮らしていました。この場所へ行こうと思えば、何時でも行く事が出来ましが、何年も行く事はありませんでした。しかし、3年前の8月19日に久しぶりに訪れました。そして、今回また足を運んでしまいました。

彼女との出会い・・・

当時(1978年)、私はダイエー三宮第2店の4階で、アルバイトをしていました。昭和53年4月、同店2階に配属された、新入社員の○○○子さんに、一目惚れしてしまいました。この事を、私と同じフロアーに配属してきた、新入社員の赤☆さんに相談しました。

彼女と赤☆さんは、同期で住んでいる寮も同じなので、仲の良い友人でした。早速、赤☆さんが私の気持ちを彼女に伝えてくれたみたいで、ある日、彼女から預かった手紙を、私に渡してくれました。

手紙の内容は、「まさか、○○君が私とお話をしてみたいなんて」そんな感じの文章があって、私の事は悪くは思っていない内容だったと記憶しています。逆に、私に好意を持ってくれてる人かなと感じました。

この手紙ですが、彼女とお別れしてからも、何年も持っていました。記憶がさだかではありませんが、彼女が結婚した後も持っていて、その後、数年たってから酒に酔って食べました。冗談です、泣きながら焼きました。

ちなみに、この手紙以外に何通かの手紙をもらいましたが、何年もかかってすべて処分しました。しかし、当時彼女と一緒に撮った写真は今でも持っています。出来れば私があの世へ行く時、棺桶に入れてもらいたいですが、こんなお願い誰にもできませんしね。

赤☆さんのお陰で、私たちは、お互い初めての恋人としてスタートしました。

彼女とのデート・・・

最初は、映画がメインでスター・ウォーズ、サタデー・ナイト・フィーバー、フィーリング・ラブなど。後に、電車を利用して、岡山、奈良、京都など行きました。当時は、ほぼ毎日一緒にいて、楽しい日々を送っていました。

彼女とのお別れ・・・

何時頃か忘れましたが、すれ違うようになったのです。お互いに、別に好きな人が出来たわけでもありません。原因は、私です。あまりにも彼女の事が好きすぎて、束縛していたのです。また、彼女がダイエーを退職し、郷里へ帰った為、疎遠になっていきました。

彼女への思い・・・

今でも好きです。嫁さんには悪いですが、大好きです。一生忘れる事は、出来ないと思います。今思う事は、とにかく健康で、元気で暮らしていてくれたらいいなと思います。また、誰かの為に苦しんだり、悲しんだり、苦労したりしていなければいいなと思います。

彼女は今・・・

多分、広島県で暮らしていると思います。

私は今・・・

神戸市在住で、孫が2人いるじぃじです。

何の取り柄もない私と付き合ってくれた事を、とても感謝してます。もし、今の嫁さんと出会わなかったら、生涯独身でいたかもしれません。なので、嫁さんにも感謝しています。

Pocket